TreasuryStream

SCSK Europeのクラウドサービス

HOME >TreasuryStreamによる「資金の見える化」

TreasuryStreamによる「資金の見える化」

導入することで何が変わるのか?

導入することによって得られる主なメリット


監視機能強化 グローバルに展開する各拠点の資金量を全て日次レベルで「見える化」可能
予測精度向上 標準化された各種キャッシュ・フロー予測レポートを用途別に使用することで、予測精度向上が期待できる
分析精度向上 集計したデータで自由に分析可能
資金繰り業務の最適化 標準化された業務フローを確立・適用することで、資金繰り業務の改善が期待できる



TreasuryStreamによる可視化とは?

1. プーリング口座、プーリング口座以外の口座もアップロードでき、すべての口座を一つのプラットフォームで一元管理可能

2. 更にERP等の外部システムデータを取り込み、且つエクセルで管理されているデータも取り込み可能

TreasuryStreamによる可視化
SCSK Europeのクラウドサービス

SCSK Europeの注目ITソリューション

SCSK EuropeのITサービス